相馬市の土地活用をお考えの方へ

相馬市の土地活用をお考えの方へ

マンションが出来るまで

土地を始め建物も貴重な財産であると同時に数多くの税制の対象となっています。
土地活用をされるオーナー様にとって、この負担は小さいものではないと思われます。
賃貸マンションを建設されると様々な税制面での優遇措置が多く、最高の土地活用となります。

土地の固定資産税が軽減されます。

住宅用地のうち200m2以下の部分について一戸あたり固定資産税は1/6になります。
ですから、賃貸マンションの場合は総戸数×200m2として計算されますので戸数が多いほど軽減率は大きくなります。

※200m2を超える部分については、1/3の軽減となります。

建物の固定資産税が1/2になります。

共同住宅の各専有面相が40~280m2以下で床面積の1/2以上が居住用の場合は、120m2までの部分が減額の対象になります(5年間3階以上の中高層耐火建築物の場合)。
アイワマンションは3LDKでも平均68.88m2なので全て減額の対象になります。

※固定資産税は3年ごとの見直しがありますので、固定資産税も変動することがあります。

不動産取得税がゼロになります。

賃貸マンションのような共同住宅の場合、
1戸あたりの床面積が40~240m2以下であれば、 総戸数×1200万円が国定資産税評価額から控除されます。

アイワマンションであれば、ほとんどの場合不動産取得税はかかりません。

所得税の軽減があります。

マンション経営等の不動産所得が赤字となった場合には、給与所得と損益通算ができます。
不動産所得は必要経費によって低く抑えることができ、所得税の軽減に役立ちます。
所得税の軽減

相続税が軽減されます。

1.土地の評価額が大幅に軽減されます。
アイワマンション建設すると,その土地は「更地」から「賃家建付土地」と利用区分が変わるので評価減となり、相続税の評価額を下げることができます。
さらに「小規模宅地の評価額」を適用すれば、土地の200m2』 までの部分について評価額が50%減少します。


2.借入残額は相続財産から差し引きできます。
アイワマンション建設の借入残額は「債務控除」として相続財産から差し引きができます。
例えば、相続財産が1億3千万円でローン借入残金が1億円の場合は、相続税評価額は3千万円となります。


※税制改正により上記内容が変更する場合もございます。詳細につきましてはご相談ください。